読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒロローグ

仕事や転職&ファッション

笑顔で社畜自慢をしてくる友人の目が完全に死んでいた件

スポンサーリンク

f:id:hiroyuxxx:20160906165147j:image

数年ぶりに会う友人と会ってきた

僕が大学生の頃とても仲が良かった友人に久しぶりに会ってきた。

その友人は昔から真っ直ぐなタイプでどちらかというと僕の苦手なタイプだった。

 

苦手なタイプではあったもののとても実直で友人想いのとてもいい奴だ。

学生時代からめちゃくちゃ仲が良かった訳ではなかったが何故だか数年前から連絡を取るようになり、先日時間を合わせ飲みに行ってきた。

見た目はやはりというかおっさんだった

数年前に一度会った時もじんわりと、こいつおっさんだなと思ったが今回も同じように紛れもなくおっさんだった。

ある意味変わらないっていうのは羨ましい。

 

こいつの凄いところは見た目はおっさんになったが「中身」はいつ会っても良くも悪くも変わらず昔のままな所だ。

ここから変わろうと思ったらハゲ散らかすくらいしか選択肢はないと言える。

おっさんの話題

おっさんが揃うと大体、結婚がどうとか、仕事の話に大抵収束する。

今回も想定通りの話題の流れになった。

その友人は半年ほど前に付き合いのあった会社の人に誘われ転職したそうだ。

 

そして、今では仕事も大分覚えバリバリ働いていると言っていた。

最初はあーだこーだいいながら、会社の愚痴も交えて楽しそうに話していて、僕は羨ましいという気持ちになっていた。

 

話はどんどんスピードアップし、お互いに自分の属する会社に対しての不満や愚痴、たまには良い所も話つつお酒のペースはすすんでいた。

 

しかしなんで昔から付き合いのある人間に対してはこうも饒舌になるのだろう。もちろんお酒が力を貸してくれている事は間違いないのだが、疑わなくて済むというか、僕はもともと疑心暗鬼なところがあるのですぐに人を信用するという事は基本ない。

 核心へ

この友人は話しを聞くのが上手なのだと客観的にその場をみていたが、今の仕事の内容から条件や給与面に進んだ時に空気が変わった。

 

ここまで輝いていた目に淀みが見えた。

僕はあざといというかそういうのに気付いてしまうタイプだ。今でこそ後悔しているが、深く話しを聞き出した。

真相は疑う事なきブラックだった

週に休みは一回。

給料も新卒よりちょっといいくらい。

何より残業時間がえげつない。

 

週に2日は日付けが変わるまで働いているらしく、中々疲れが取れないと笑いながら言っていた。

こうやって何事も割と笑って話せるのが友人だが尊敬できるところだ。

友人は今は大変な時期だから、自分が仕事を覚えるのが遅いから等と話し出した。

 

ここで僕は思わずどんだけ仕事が遅かったら週に2日も日付けが変わるんだと突っ込んだ。

僕には定時で終わるわけのない膨大なタスクをふられ、必死にそれを前向きにこなそうとしている友人の姿が目に浮かび何故だか涙が出そうになった。

彼はボソッとキャパオーバーと言った。

 

ハッキリ言ってそんなくだらないキャパシティを超える必要はないし、そんな働かせ方をする会社に何希望を持っているんだと言わざるを得ない。

とゆうかこいつを誘ったその会社の馬鹿はどういう神経をしているんだ?

社畜にして食い殺す気でこいつを誘ったのか?

壁には2種類あると思っている

各々が持つキャパシティを超えた場合に得られるものは2種類あると僕は考えている。

より強い精神力が身につく

1つの壁を乗り越える事によって同程度の壁が再び来た場合に前回ほど苦しむ事はないだろう。それは一回乗り越えた実績があるから身体が耐性を持つのだ。

 

こうやって一個ずつ壁を超えていく事は人生の中でとても重要だと思うし誰もが必ず通る道だとは思う。

ここで重要なのはその個人が乗り越えることができるレベルの壁かどうかという事だ。

 

1mのハードルを超えるのがやっとの人がいきなり5mのハードルを越えられるだろうか?

1mから少しづつ高さをあげていき、何度も失敗した後にクリアしていくものだ。

もちろん中には数段飛ばしで突き進んで行ける人もいるが、そんな超人は滅多にいない。

精神が崩壊する

壁を乗り越えれなかった場合は「精神の崩壊」だ。

この場合失うものと言ったほうが正解だが、壁を乗り越える事に成功した場合は精神力が鍛えられるのでその時は苦痛でも結果良かったと自分を褒める事ができる。

 

僕が言いたいのは壁を乗り越えれなかった場合だ。

その時のリスクが余りにも高すぎる。

頑張って自分や会社の為に新卒よりちょっと良いくらいの給料で働き、休みは月に4回でしかも週に2日は日付けが変わっている職場で何を得られるというのだ。

 

期限が定まっているならまだしもそんな状況がいつまで続くのかと考えただけで吐き気がする。

僕の想像を遥かに越えたブラックが存在した。

僕は転職をすすめた

そんなところで身を滅ぼす必要はないと心から思った。

だから転職をすすめたが、彼も薄々思っていた事だった。

 

今はなんだかんだ誘ってくれた人に悪いからという想いや、今のプロジェクトを投げ出すわけにはいかないという責任感の方が勝ってしまうらしい。

僕は安心した。

キリの良い所までいけば転職する気でいるという事は自分の中でゴールを決めているので潰れる事はないだろうと勝手に思った。

 

それに転職するにしてもこれだけガッツがあって責任感のある男をとらない会社はないだろうとこちらも勝手に思った。

それにゆくゆくは自分のお店を持つという夢があるらしいので、それに向かって頑張ってほしいと心から応援したい。

 

こいつには成功してほしい。

将来の夢を語る友人の目には輝きが戻っていた。

自分のお尻を蹴っ飛ばされ、カツが僕にも入ったおっさん2人の飲み会。

 

 

 

あなたにおすすめの記事

拘束時間が長い会社は総じてブラック認定してOK! 

【転職のススメ】身体を壊してまで今の会社にしがみつく必要性なんてどこにもない。 

楽しそうに不幸自慢する社畜たち