読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒロローグ

仕事や転職&ファッション

キンコン西野さんの絵本がとにかくスゴイ!これがボールペンアートだ!

スポンサーリンク

ボールペンアートとは?

f:id:hiroyuxxx:20161112023553j:image

画像参照元:https://www.facebook.com/akihiro.nishino.16

 

その名の通り、ボールペン一本で書き上げる絵画の事です。ボールペン一本で濃淡や細かい所まで描き上げたソレは、まさにアートと呼ぶに相応しい仕上がりになります。

 

そのボールペンを使ったアートをキングコングの西野さんがなんと絵本にしたんですが、これがヤバイ!!

 

お笑いもビックですが、それだけでなくボールペン一本でここまで描けるのかと「天は二物を与えず」と言いますが、与えまくっていて嫉妬の嵐です(笑)

 

まぁキンコン西野さんは陰ながら努力を惜しまなかった人なのでしょう。で、なければ笑いも取れて、絵も上手くてイケメンでは並みの一般人では太刀打ちできませんからね…

 

なんなら、お笑いじゃく、「絵」一本でも食えてしまうんじゃなかろうか…副業といっても(副業と言っていいのか分かりませんが)、誰にでも出来ることではなく、アートという形で感性や個性を具現化出来るというのは才能でしょう。

 

キンコン西野さんはお笑いだけでなく、アートにも精通していて羨ましい限りですが、このような突き抜けたセンスをお持ちなのであればサラリーマンの傍らで、副業としても花開けそうですね。

 

まぁ、この様ないわゆる特殊な技術を持っている人自体、少ないのでしょうが趣味で描いてる人ももしかすると花開くかもしれませんので、積極的に表に出していけば、誰かの目に止まるかも…!

アーティストとして

実はキンコン西野さんが描く作品は、キングコング西野としてではなく、完全に匿名のotogimachiというハンドルネームで公に宣伝する事なくひっそりとInstagramに投稿されていました。

 

あまり更新はされていないようですが、役2年半で60枚ほどでしょうか?通常のInstagramの使い方としては少ないですよね。

 

しかし、自身で描いた絵を投稿しているので、この更新頻度にも納得がいきます。このクオリティの絵を描き続けるのは「好き」じゃないと出来ないと思うので、本当に絵が好きなんでしょうね!

1枚数百万円の値が付いたものも…

もはや、お笑いという本業の傍らに始めたものとは思えない価格…。これはニューヨークで開いた個展でこの値が付いたそうですが、凄すぎますね(笑)

 

値段にも驚きですが、何よりもスゴイと感じるのはその行動力です。自分の絵に自信があり、好きだからこそ、起こせた行動だと思いますが、この点は見習わないといけない人も多いのでは?

 

僕もそうですが、頭で思う、考えるだけだと物事は何も進まないですよね。思い切って行動してみる!というのは、学ぶべき点が沢山あるなぁと感じました。

 

後は、例え趣味でも、好きなこと、得意なことはガンガン世に出すようにアクションしていく事ですね。アクションしないと誰にも気付かれないですからね(耳が痛いですが笑)

今現在、発売されている絵本は3冊

ここまでキンコン西野さんの活動について書いてきましたが、現在、発売されている絵本は3冊です。

 

Dr.インクの星空キネマ

 

ジップ&キャンディ―ロボットたちのクリスマス

 

オルゴールワールド

 

 

正直僕は、ホントつい最近まで西野さんが絵本を書いている事も絵本を出している事も知らなかったんですが、ガチで欲しい…

 

というかおそらく購入すると思います(笑)絵本って漫画や小説にはない、独特な世界観がありますよね。子供だった時の事を思い出してノンビリ読みたいなーと思います。

 

前置きが長くなってしまいましたが、キンコン西野さんがInstagramで公開しているボールペンアートを一部、紹介させていただきたいと思います。

キンコン西野さんが投稿した作品たち

 

個人的に一番好きな作品です。絵の奥行やキャラクターの雰囲気など「絵本」ぽさをどことなく感じますが、ここまで書き込んでいる絵本も珍しいですよね(笑)

 

 

 

これも個人的に訳わからなくて好きですね。上記Instagramでも書いてますが、こちらの絵は「赤坂」のCDジャケットに差し込まれるそうです。このアーティストは僕は知りませんでしたが、聞いてみようかな?と思わせるのは良い相互関係だなぁと。

 

 

 

こちらも絵本の1枚です。「タイル」だと述べていますが、ここまで書き込んでいればもはや気にならないレベルですけどね(笑)

 

 

 

こちらは絵本の表紙で使われている絵だそうで、この吸い込まれる感じはめっちゃ好きですね。そしてこの絵を描くために屋久島まで足を伸ばしたって、やはり行動力と熱意が伝わってきますね!

 

 

 

No.5 #drawing

AKIHIRO NISHINOさん(@otogimachi)が投稿した写真 -

 

この絵も躍動感があって僕が好きな1枚。見てるだけで風景や、状況を想像できるって楽しいですよね。漫画や絵本ならではの感覚だと思いますが、実際に「描く」となると感性と画力が必要になるのでやはり才能なのか。。。!

えんとつ町のプペルも発売

えんとつ町のプペルもとうとう発売されましたね!ちなみにですが、僕はようやく購入しましたよ。。。(笑)

ネタばれはしませんが、めちゃめちゃ考えさせられる!しかし、そのあとにほっこり心が温かくなるようなそんな絵本でした。まじで見てない人は見てほしい。

 

内容もさることながら、表紙の美しさに驚愕しました。いやー、この世界観は中々出せるものではないですよ。西野さんを見る目が改めて変わる一冊でしたね。

 

実は僕、西野さんのブログも読んでるんですが、西野さんの考え方を知ったうえで、えんとつ町のプペルを読むとまた新しい発見があります。「話題になっているから」ではなく、大人でも本当に楽しめる絵本でした!

キンコン西野さんのボールペンアートまとめ

ほんの一部を紹介させていただきましたが、いかがだったでしょうか?僕も最近まで西野さんがこんなアーティスティックな事をしてるなんで知らなかったのですが、正直見る目が良い意味で変わりました!

 

そういえば最近テレビで見ないなぁと思ってたのですが、もしかしてアートの方に力をいれてるのでしょうか?きっとそうなのでしょう!今後も絵本だけでなく、いろいろなシーンで西野さんの描く絵が登場してくると良いですね。

 

なんでも一千万円の値が付いた絵もあるとか。。。今後の西野さんの活躍からますます目が離せなくなりましたね!

 

西野さんの作品をもっと見たいという方はこちらから見れるので是非。

 

www.instagram.com