読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒロローグ

仕事や転職&ファッション

【アパレル転職】ファッション業界なら絶対に登録しておくべき転職サイト3選

スポンサーリンク

転職することでキャリアアップを狙おう

f:id:hiroyuxxx:20161208003606j:image 

アパレル業界で給料を上げていくためには、転職が必須となってきます。もちろん一社で勤め上げて毎年少しづつ給料を上げていくのもいいかもしれませんが、果たしてその選択は正解なのでしょうか?

 

これはアパレル業界に限った話ではないのですが、今から5年、10年、20年頑張って勤めて少しづつ給料を上げていく努力をしたところで、その会社がその時まで残っているでしょうか?

 

これは僕の経験談にはなりますが、アパレル業界の場合、転職をしてキャリアアップを図った方が圧倒的に早いです。

 

これは少し考えればわかることですが、毎年5000円ほど基本給がUPしたとしても、10年勤めても5万円です。

 

その間に役職がついたりで、実際にはもう少しUPしてるかとは思いますがそれでもたかが知れてますよね。

 

僕は過去に何度か転職を経験しましたが、全て給料はUPしています。UP分も最高で年収で100万円近くあがったこともあります。では、一つの会社で勤め上げたときに年収換算で100万円UPまでにはどれ程の年月がかかるのでしょう。。。

 

気の遠くなる年月が掛かってしまいますよね、しかもその時まで勤めている会社が残っている保証はどこにもありません。

 

であれば、自分の持っているスキルに合わせて、時にはチャレンジも兼ねて転職しながらキャリアアップ=年収UPしていきましょうよ!

 

基本的に転職は給料が現状よりも下がりやすいと言われていますが、しっかり行動すればむしろドンドン上げていく事が可能です。

 

ここでいうしっかり行動というのは、まず大前提にあなた自身がスキルを身に着ける努力をしているということ、もう一つは転職エージェントの選択を間違わないことです。

 

転職活動をしたことのない方は疑問に思うかもしれませんが、転職をするのであれば自分が働きたい業界に特化した転職サイトを利用するようにしましょう。

 

持っている求人数だけでなく、非公開求人の数が圧倒的に違うので、あなたに合った会社が見つかりやすいのが特徴です。

 

僕も実際に使ったアパレル転職サイトの中からこれだけ登録しておけば間違いないという転職サイトを3つ選びましたので、これから転職活動する方、現在転職活動真っ只中の方の参考になれば幸いです。

ファッショーネ

ファッショーネは女性の求人が多いものの、男性の方も登録しておいた方が良い転職サイトのひとつです。理由に関しては後述しますが、情報収集という意味で主に活躍します。

 

逆に女性であれば、他にはない案件が多数取り揃えられていますので、メイン転職サイトとして使って問題ないです。

 

もちろん男性の求人がないわけではないので、そのまま美味しい条件の求人があればそのまま応募してやりましょう。

f:id:hiroyuxxx:20161208005443j:image

スマホから見たファッショ―ネの公式HP とにかくおしゃれです。

 

取り扱いブランドは、20代から30代のカジュアルブランドが多めですが、ハイブランドもしっかり取り揃えてありますので、カジュアルブランド→ハイブランドへといったキャリアアップに非常に有効です。

 

また、転職者だけでなく「未経験者」の募集も随時ありますので、これからアパレル業界で働きたいにも是非利用してもらいたサービスです。販売職だけでなく、専門職にも強いのが特徴です。

 

ただ、ファッショーネを利用できるのは、関東圏内で転職希望の方限定になります。ファッション業界で働くのであれば、東京含む関東がやはり流行には強いので利用できる方は文句なしに素晴らしいので積極的に利用したいところです。

特徴

  • 経験者だけでなく未経験者もOK
  • 登録・利用すべて無料
  • カジュアルブランド~ハイブランドが豊富
  • 関東県内限定
  • 販売職だけでなく専門職にも強い
  • 非公開求人1000件以上、本社求人700件以上

 

関東で求人を探す方限定にはなっていますが、求人内容は納得のボリュームです。非公開求人が1000件以上ありますので、きっとあなたの転職活動の良いパートナーになるはずです。

ファッショーネの詳しい詳細、公式HPは下記リンクからどうぞ!

アパレルの求人・転職なら!★☆ファッショーネ☆★

iDA(アイディアクセス)

アパレルのファッションだけでなく、コスメ分野の求人も多めなのが特徴です。ファッションですとハイブランドの取り扱いがかなり豊富にありますのでステップアップを考えてる方は積極的に利用したいところです。

 

実際に僕もラグジュアリーブランドの求人状況や、情報収集の為に登録して活用していました。

特にファッション業界だと、流行と同じように人の入れ替わりもやはり多いので、気になるブランドは常にチェックすることを癖づけていましたね。

f:id:hiroyuxxx:20161208005507j:image

中でもラグジュアリーブランドで働きたい方は必ず登録しておきましょう。画像を見ていただけると分かると思いますが、超有名ラグジュアリーブランドが並んでますね。

 

ラグジュアリーブランドとなるとそれなりに経験値を求められますが、キャリアアップしたい方にはうってつけの転職エージェントといえるでしょう!

特徴

  • 全ての地域で利用可能
  • 登録・利用すべて無料
  • ラグジュアリーブランドの取り扱い多数
  • ファッション/コスメの販売求人多数
  • 女性の案件に特化している
  • キャリアアップを目指せる

 

強みは47都道府県どこでも利用可能な点。iDAは女性の案件に特化してますので単純に男性のライバルを無視できる点が強みですね。

 

取り扱いブランドもラグジュアリーが多数なので、百貨店などで働きたい方は積極的に利用しましょう。あなたの目標に最短距離で近づけるはずです。

iDA(アイディアクセス)の詳しい詳細、公式HPは下記リンクからどうぞ!

【iDA】ファッション・コスメ求人ブランド数No.1

CREDENCE(クリーデンス)

今回紹介させてもらった中でも、一押しはクリーデンスです。関西・関東で求人を探している方は、アパレル業界で転職するのであれば、まずクリーデンスに登録しましょう。クリーデンスに関しては詳しく書いてある記事がありますので参照していただければと思います。

 

下記記事を読んでもらえると分かりやすいと思いますが、今までいろいろな転職サイトに登録してきましたが、ファッション業界ならまずクリーデンスと言っても言い過ぎではないです。

 

それくらい素晴らしいサービスをしてくれますので、クリーデンス中心にファッショーネやiDAを同時進行で情報収集するのが一番おすすめの使い方です。

特徴としては、カジュアルブランドからラグジュアリーブランドまで幅広く求人があり、エージェントがとにかく細かく対応してくれます。

 

在職中で忙しい方や、キャリアアップを目指している方であれば専任の転職エージェントがあなたのスキルや希望に合わせた案件を代わりに調べてくれますので、非常に助かります。

特徴

  • 常時1700件以上の求人数
  • 登録・利用すべて無料
  • 派遣やアルバイトは少なめ、契約社員・正社員案件多数
  • 非公開求人多数
  • 業界出身のプロがサポート
  • 面接対策・企業情報の質高め
  • 販売職・専門職多数

 

アパレル業界で転職を考えてるならまず最初にクリーデンスに登録しておきましょう。関西、関東オフィスともに梅田、渋谷とアクセスもしやすいですよ!

取り扱い求人もカジュアルブランド~ラグジュアリーブランドまで幅広いですし、本社勤務の求人も多数ありますので、あなたのキャリアに合った求人がきっと見つかるはずです。

CREDENCE(クリーデンス)の詳しい詳細、公式HPは下記リンクからどうぞ!

ファッション・アパレル業界の【クリーデンス】

おすすめ転職サイト3選まとめ

アパレル業界で転職を考えているなら、登録しておいて間違いない転職エージェントを3社ご紹介させていただきました。

 

実際に僕が転職活動していた際も、最低3つは転職エージェントに登録していました。やはり一社だけだと情報が偏るというデメリットがあるのと幅広く求人を見たかったというのがあります。

 

転職でキャリアアップを狙うのであれば、情報収集はもちろんですが、実際に掛け合ってくれるエージェントさんの力量も大きく左右します。

 

給与交渉や有給取得率など、聞きづらいこともすべてエージェントさんが対応してくれるので企業研究と面接対策に打ち込むことができ、無駄な時間を割かなくていいのはとても大きなメリットです。

 

求人内容やエージェントさんの力量も大きく転職活動に左右しますが、なんといっても資本はあなた自身です。転職するからには皆さまにも、給料UPしてほしいので、上手く転職エージェントを活用して転職を成功させてやりましょう!

 

応援しています!

 

 

あなたにおすすめの記事

アパレル業界の面接で絶対聞かれる質問と詳しく話すべき内容まとめ 

服飾専門学校に通ってからアパレル業界に就職した方がいい?! 

アパレル業界で7年働いたプロが教えるファッション業界のメリットとデメリット