読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒロローグ

仕事や転職&ファッション

アパレル販売員から本社勤務へ行きたい方必見!焦って本社なんて行かずに販売員のキャリア積んだ方が絶対的に良い理由

スポンサーリンク

アパレル業界の本社は憧れです

f:id:hiroyuxxx:20170223142121j:image

そう考えていませんか?

長く販売員生活を続けていると、本社勤務の土日祝休みは羨ましく感じますよねー。また何故か本社勤務の人は仕事ができる、なんとなくかっこいい風に見えます。僕も20代中盤ごろは本社勤務をしたいと考えている時期がありました。

 

しかし、一度経験してから「あれ?なんか違うかも」と感じてからなんと数ヶ月で退職してしまいました。

 

今、思うとさすがに決断が早すぎたかなぁという気もしない訳でもないですが、今現在は結果的に後悔はしていないのでOKとしておきましょう。

 

その時はSV職に就くことができたんですが、その時は早く販売員から脱出したい、その想いだけで転職活動をしていました。まぁ結果的にその考え方が仇となりすぐ辞めることにつながる訳ですが、おそらく、今アパレル販売員から脱出したいと考えている人は「なんでもいいから」となってはいないでしょうか?

 

この考えは非常に危険です!僕と同じように失敗する可能性がありますよ!

 

というか実際に多いんですよ。販売員から脱出できるなら職種も選ばずに、サラリーマンになりたがる方が。これまで販売員しかしてこなかった人間がいきなり他業種に行ったところで労働環境や給料が良くなる可能性なんてほとんどないと思いませんか?

 

同じ業種でも大してキャリアを積めていなかった場合の転職は、給料や待遇が下がることの方が多い転職です。※やりたい事が明確な場合を除く

 

にも関わらず、販売員を辞めたいからという理由だけで本社勤務を目指すのは余り得策とは言えませんね。

本社勤務で何をしたいのか

僕はここが一番大事だと考えています。ただなんとなくアパレル販売員は底辺だからと思っていませんか?世の数ある仕事の中でも薄給だと言われてる職種なのでそう思い込んでしまうのも無理はないと思います。

 

デザイナーになりたい、パタンナーになりたい、MDになりたい、PRをしたい、VMDをしたい、様々あるかとは思いますが、あなたの目的地は決まってますか?

 

更に言えば、やりたい事だけでなく給料はどれくらい欲しいのか決まっていますか?

 

明確に決まっているのであれば、そこに向かって突き進めばOKです。しかしデザイナーやパタンナーはいきなりなれるものではないので、一度専門学校などで勉強した方がいいかもしれません。詳しくは服飾専門学校を経てアパレルに就職した方が良い原因と理由を読んで見てください。

 

デザイナーやパタンナーとは違い、フォトショップやイラストレーターなどの専門知識が必要にない、それ以外の現場で学べる事が圧倒的に多いMDやVMD、PRなどは現場で販売員をしながら学んだ方がよほど力が付きますよ。

 

ブランドによっては本社だけでなく、現場でもMD、VMD、PRなど儲けているところがあります。特にMDやVMDは大きいブランドになればなるほど設けている確率は高いですね。

 

独学で勉強するも良しですが、待っていても運が良くないと勝手に自分の役目になる事はあり得ません。自らアプローチをかけていく事が近道になるでしょう。また現場にすでにMDやVMDといった役割・ポジションがあるのであれば、積極的に教えてもらいましょう。

 

そうしてアピールしておけば、次の機会にあなたの名前が挙がる確率が高まるはずです。その現場で経験を積んで大きいブランドに移って更に力をつければ、その次のステップには本社VMDも見えてきますよ。

 

実際に僕の周りでも店舗VMDを数年間やった後に、大手ラグジュアリーブランドの本社VMDに移った方を何人も知っています。これはVMDに限らず、MDも同じです。

お金が目的ならスキルを身に付ける方が近道

f:id:hiroyuxxx:20170223142226j:image

もし、やりたいポジションが特になく、ただ単純に「お金」のために本社へ転職を考えているのであれば、辞めておいた方が良いかもしれません。

 

というのも、これまで本社経験のないペーペーを雇ってもらえただけで奇跡に等しいのに、そこから更に給与水準が高いか?と聞かれると正直期待はしない方がいいでしょう。

 

もし、現職が最低限の給与しか支払われていないのであれば、多少は上がる可能性は高いですが、その僅かの給与UPのために転職するのであれば、僕は同じ販売員で経験を積んでから大きいブランドに移ること絶対的にオススメします。

 

このブログでも何度か書かせていただいています。アパレル業界の平均年収はどれくらい?アパレル業界は底辺じゃないよ?を見ていただけるとわかるのですが、アパレル業界で給料をあげたいのであれば転職が一番手っ取り早く、目に見えて給与が上がります。

 

僕は一社に5年程勤めたこともあるのですが、その5年間で上がった給与はわずか月3万円ほどでした。しかも、基本給がカスみたいに低かったので3万円上がってもたかが知れているレベルです。

 

現職でしっかり経験を積んで転職していけば、転職するたびに5万円〜10万円くらいのペースで上がっていきますよ!わざわざ慣れない・やったこともない本社勤務へ移って給料が対して上がらないのであれば、あなたがこれまで培ってきた経験をもとにどんどん転職してステップアップしていった方が、ストレスなく給料をUPすることができます。

 

もっと言えばスキルなんて勝手に付いてきますので、期間だけ見定めて次に移っていけば勝手に給料は上がっていきます。ダラダラ一つのブランドに残るのが一番勿体無いですね。時間の無駄です。

 

残って良いのは環境・給与がともに自分のボーダーラインをクリアしているかどうかで判断すると良いでしょう。環境や給与に満足していないのに、ダラダラ残っても何も良いことはありませんんし、給料もそんなに増えませんよ。

結局は本人がどうしたいのかが重要

あなたが「やりたいこと」を追求するのか「お金」を追求するのかで方法は変わってきます。どうしても本社勤務が良いのであれば、やはり転職をして大きいブランドでなんでも良いので実績を残しましょう。

 

大きいブランドで経験がないと正直なところ面接官に足元を見られます。それが例えばですが、「ルイ・ヴィトンで5年働いていました」というとどうでしょうか?おそらくこの人を落とすところはほとんどないでしょうし、販売職であればどこでもいけるでしょう。

 

更に、このルイ・ヴィトンでの5年間の経験というのは販売職以外にも生きてきます。どういうことかと言いますと、この経験を生かして転職するのであれば、何を思い浮かべますか?

 

正直なところ、このレベルのブランドになってくると、販売職としてはゴールと言っても言い過ぎではないと思っています。当然、大手なので福利厚生や給与水準も他ブランドに比べると圧倒的に優れています。

 

なので、販売職以外、タイトルに戻りますがコンサル的な立場で、中小ブランドの本社勤務も余裕で狙えてきます。実際に僕の友人も某大手ラグジュアリーブランドで4年くらい働いた後に、ネット中心にアパレル展開している中小ブランドのディレクターとして転職しました。

 

これはあくまで一例ですが、結果として、本社勤務になり尚且つ給与もUPしています。20代で焦って本社が良いからとやっすい給与で転職したり、アパレルは給与が増えないからと他業種のサラリーマンに行くとかは、逆に道を潰すことになり兼ねないと思います。

 

確かに、ここまで誰もが順調にステップアップできるとは限りませんが、自分の中で道筋を立てておけばそんなに難しいことではないですよ。転職を繰り返すのが嫌な方もいるでしょうが、ある一定のところから給与はポンっと面白いくらいに上がりますよ。

二つとも同時に叶えてくれるクリーデンス

このブログで何度か紹介していますが、クリーデンスのことはクリーデンス/僕がアパレル転職に3回も成功した転職サイト教えます!をご覧ください。かなり細かく書いていますのできっとあなたの参考になるはずです。

 

クリーデンスは本当にアパレル業界で今後も働いて行きたいのであれば、必須レベルですよ。販売職は、カジュアルブランドからラグジュアリーブランドまで幅広いですし、職種もMD、VMD、営業、繊維に関するところまで、ファッション業界の求人であれば大抵の職種は揃っているんじゃないでしょうか。

 

また、他のファッション業界のエージェントと比べ優れている点として、在籍するエージェントのスキルがかなり高いです。

 

僕はこれまでにクリーデンスを3回利用しましたが、全て給料は上がっていますし、自分の理想に向けて、所属するブランドも大手になっています。僕はお金のために転職をしてステップアップしているので、クリーデンスのおかげでここまでは割と予定通り進んでこれています。

 

逆に、お金は後からでも良いから、とにかく早く本社勤務したい!という場合も、販売職以外の案件も多数所持しているので、自分の経験や、やりたいことをエージェントに話してみると新しい発見もあると思いますよ。

 

なんならそこで、条件のあった本社勤務の案件を紹介してくれる可能性だって大いにあります。

 

とにかく、次の行動が視野に入っているのであれば、登録・利用は全て無料でできますので、情報収集として利用しても良いですし、エージェントに相談するだけでも良いでしょう。

 

クリーデンスのエージェントの魅力はYES・NOをはっきり言ってくれることです。今のスキルなら狙える、今なら厳しいからもう少し経験積んでからにしましょう、とかね。

 

自分一人で考えていてもどこかで頭打ちになります。そこはプロに話を聞いてもらってアドバイスしてくれた方が方向性も定まりやすいですよ。そもそも無料のサービスなので利用しない理由が僕には見当たらないレベルです。登録自体は3分ほどで終わりますので、空き時間に登録だけでも済ませておく事をおすすめします。

アパレル販売員から本社勤務へ行きたい方必見!焦って本社なんて行かずに販売員のキャリア積んだ方が絶対的に良い理由:まとめ

信じるか信じないかはあなた次第ですが、アパレル業界は本気で転職してナンボの世界です。じゃないといつまでたっても貧乏な極貧生活を続けることになります。

 

毎年、僅かずつしか上がらない給料なんてため息しか出ません。だからと言って待遇が良さそうな本社に焦って行くのもおすすめしないです。

 

現状できる事をしっかり行い、力がついたタイミング(僕は大体ですが3年スパンで動いています)で、待遇がUPするところに転職する。ここで大事なのは、料だけでなく、ポジションやブランドも必ずランクを上げましょう。

 

ポジションやランクを上げないと、転職したところであまり次に繋がらないので、ランクを上げるのは必須条件と言っても良いです。あくまであなたが目指すやりたい事、給料に向けて転職するんですから、無駄なことや時間は省いて行きましょう。

 

 

あなたにおすすめの記事

アパレルで就職するメリットとデメリットを詳しく解説

ラグジュアリーブランドに転職するための具体的な方法を教えます!

ラグジュアリーブランドの求人!派遣から正社員を目指す方法!!