読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒロローグ

仕事や転職&ファッション

仕事ができない人に共通する7つの考え方と改善する方法

スポンサーリンク

仕事が出来ない奴の特徴

 f:id:hiroyuxxx:20161021021906j:image

どこにいっても仕事ができない人っていますよね。

本人は至って真面目に働いてるつもりかもしれませんが周りからするとイライラしてしまうものです。

 

では、具体的に仕事ができないってどういう人の事を指すのでしょうか。

昨今では、実際に僕も強く感じるのですが、売り上げが良い、成績が良いというよりも一緒に仕事がしやすいかどうか=一緒に仕事をしたいと思うかどうかに重きを置いている企業が多いように感じます。

 

まぁこれは人間同士の話なので理解出来ますよね。

つまり、一緒に働きたいと思わない=仕事が出来ない認定されてしまっても可笑しくない訳です。

 

一緒に働きたいと周りから思われなければ、どんなに頑張っても重要な仕事を任せてもらえない、周りから煙たがられるなど、プラスになる要因は1つもないですよね。

窓際族を狙うのであれば、あえてそのまま煙たがられていていましょう。

 

ただ、一日の時間の大半を占める仕事で、いうなれば人生の大半を占める仕事で周りから煙たがられ、仕事ができない奴認定されるって悲しくないでしょうか?

 

どうせ同じ時間を過ごすのであれば、周りから頼られ、ガンガン昇給・昇格していきたいですよね。

 

基本的には皆、生活の為に、お金の為に働いてる訳ですからカスみたいなクソ安月給で延々と過ごすなんて時間が勿体無いです。

 

それにきっと自分自身も働いていて楽しくないんじゃないかな。

僕はどうせ働くのであれば、楽しく働きたいし、給料だって沢山欲しい。

けど、そうなる為には自分の考え方や行動を変えていかないと上手く行きませんよね。

 

楽して稼ぐなんて、そんな美味しい話はないです。

 

楽して稼ぐことは難しいですが、何かしら行動を始めれば違った未来になります。特に現代では昇給などもほとんどなくボーナスもカット等々、生きるために働いている仕事が仕事が全てでなければ、生きるのすら難しい世の中になってきています。

 

だから皆、生活を少しでも楽にしていく為、給料を上げようと試行錯誤して行動したり、副業に手を出したりするのです。

 

試行錯誤を停止した瞬間に、仕事ができない奴になってしまう可能性が高いので、以下の事が自分に当てはまっていないかチェックしてみて下さい。

自分は動かない、動こうとしない

めんどくさい事は全て部下に押し付けてませんか?

自分は、さも仕事がたまっているかの様に振る舞い自分は一切動こうとしない。掃除すらしない人もいますからね。

 

裏を返せば仕事をするペースや容量が悪いだけなのでは?と、思わずツッコミたくなりますね。

 

これまで色々な仕事術系統の本を読んできましたが、大抵の著書で書かれています。人にやらせてばかりでなく、雑務こそ率先してやる気概が必要なのではないでしょうか。

 

あなたが超が付くほどの稼ぎ頭ならまだしも、そうではないですよね?そんな先輩には誰も着いて行きません。先輩後輩関係なく、なんでもかんでも下の人間にやらせるのは辞めましょう。

雑務をしない

細かい事を言えば掃除もしない、電話もとらない。こんな簡単に出来ることすら自分でせずに、コピーすら取らない。

 

世のくそな先輩を見ていて一番感じるのは、どんなに暇そうにしていても電話に出ないヤツです。平気でスマホいじっています。

 

社内・社外電話に全く出ずに「めんどくさいから早く誰か出てくれ」という考え方でしょうか。電話に出るという事は他の人は自分の仕事を一旦止め、別の対応に入るという事です。

 

どこの会社も割と電話は新人が取るみたいなローカルルールはあると思いますが、全く取らないのは問題です。

 

電話くらい取りましょう、皆、自分の仕事を一旦置いて対応しているのですよ。

常に忙しそうにしている

仕事ができない人ほど、何故かいつも忙しそうにしてます。性格的に要領が悪いのかも知れませんが、見ていると無駄な時間が圧倒的に多い様に感じます。

 

こういう人って、ちょっと時間が空けばタバコを吸いに行ったり、作業をストップさせたりするんですよ。いざ戻ってきたら、とても忙しいかの様に1人でバタバタして、余計なタスクが周りに降りかかったりします。

 

そして一番クズなのが、これまで散々ノンビリしていたくせに、納期や期限が迫ってくると自分より下の人間に八つ当たりなんか始めたりします。

 

要は時間の使い方が下手くそなんですよ。

 

その癖、口だけは一丁前だったりするので、タチが悪いですね。仕事が出来る人は自分の事は早々に終わらせてプラスアルファの部分までやり、さらに周りのフォローまでします。

 

それなのに仕事ができる人はどんなに仕事が忙しくても、バタバタしてる感は出さないですよね。

 

出来る奴と出来ない奴の差は、この差です。

無駄な残業がやたらと多い

未だに大勢の人が勘違いしているというか、多くの人々が流されている不思議な現象です。

 

残業時間=努力しているという、謎の構図が未だに根強くありますよね。

 

僕も一時期は、社内評価を得るには頑張って残業して、勉強している姿を上司や先輩に見せる方が良いという考えでした。

 

しかし、働いている人にはプライベートがあり、家族があり、仕事はお金の為だけにしている人がほとんどです。その貴重な時間を8時間労働では収まらずにさらに数時間残業して自分の時間を犠牲にするなんてなんて馬鹿なんだ。。。と今では思います。

 

僕がそうであったように、例によって無能な奴ほどこの考え方が染み付いています。

 

「俺が若い時は毎月◯時間も残業して頑張った」などと、訳の分からん理屈を押し付けてきたりします。それはあなたが無能なだけでは?残業なんて皆、したくないのですよ。

 

その日の仕事はその日の定時までに終わらせるのが本来の姿なのでは?

 

当たり前の事なのに、僕はこの考えに行き着くのに時間がかかってしまいました。もし、心当たりがあるならばすぐに辞めましょう。いない事を祈りますが、残業を部下に押し付けていませんか?

 

要領よく進めれば余裕で終わるものを定時を過ぎてもやたらと休憩に行ったり、周りと喋ってたりするから帰りが遅くなるんですよ。

人件費の無駄です。

プライドが無駄な方向に高い

特に無駄に社歴だけ長い人に多い特徴ですが、プライドが高い。プライドが高いだけなら良いのですが、こういう人に限って要領も悪いんですよね。

 

で、こちらが意見すると聞く耳も持たずに「俺はやり方はこうだ論」を始めたりするんですよ。

 

どんな立場の人間でも、自分に向けられた意見はキチンと取り入れていかないと成長は止まってしまいます。逆に、部下の話をきちんと聞き、良いアイデアはすぐに取り入れて柔軟に対応できる人は人望もあついですし、なにより好感がもてます。

 

仕事にプライドを持つのはとても大切な事ですが、方向を間違えない様にしましょう。

方向を間違えると只のめんどくさい奴認定されてしまいますよ。

部下のせいにする

 一番やったらダメなやつです。

どんな結果であれ、部下のミスの最終的な責任は上司であるあなたにあります。

 

これを平気でやっちゃう人は更に上司へのゴマスリが凄かったりするんですが、そんなの上司も気付いてる可能性高いですよ。

 

不満が溜まった部下はあなたをすっ飛ばしてあなたの上司に相談することだってある事を忘れてはいけません。

 

極まってくると、明らかに自分のミスであっても部下のせいにする人もいますからね。これは、僕も何度かされた経験ありますが、一気にやる気もなくなりますし、信用もなくなります。

 

あと、自分より下の立場の人間にしかしてないからバレてないだろう、なんて思わない方が良いですよ。部下があなたより上の人間に報告するかもしれませんし、見てる人はちゃんと見ていますからね。

 

まさにクズの極みです。

やたらとネガティヴ

まぁ、いわゆる愚痴が多い人ですね。

仕事をしていればある程度の愚痴は必ず出てきますが、それを相手を選ばずに話してしまう人は要注意です。

 

これは僕も経験があるのですが、入社したばかりの頃に出会った先輩で、入社したばかりの僕に会社の悪い所を延々と話してくるんですよ。

 

最初は「へぇ〜そうなんですね」なんて言いながら聞いてましたが、途中からもう嫌気が指してきましたね。そんな話を聞かされても、当然やる気が出てくる訳でもなく、なんなら不信感が募るだけでなにもプラスになりません。

 

愚痴ってる人はスッキリできるのでしょうが、それも一時だけスッキリするだけです。

 

愚痴だけでも、聞いてる側とすればしんどいのに、それだけに飽き足らずこういう愚痴ばっかり言う人は「もうすぐ辞めるからw」とか言っちゃうんですが、こういう人ほど辞めないですよね。

 

僕がその職場を辞める時もまだいましたし。

 

嫌々言いながらもその会社に残るのであればネガティヴ発言ばかりしていないで前向きに考えればいいのにね。

 

自分が感じている嫌な所を1つも改善しようとする努力もせずに、延々と愚痴ばかり、しかも新人にまで話すあたり終わってます。

 

一生、平で頑張って下さいと言わざるを得ないですね。

自分に自信がない事の表れではないか?

f:id:hiroyuxxx:20170201024937j:image

ここまで、仕事ができない特徴を7つ書いてきましたが、これらって結局、自分自身に自信がないからだと思います。

 

では、なぜ自信がない・つかないのでしょうか?

 

それは、あなた自身が自分の強みや本当の価値を知らないからに他なりません。たとえばですが、あなたの年収が300万円だとしましょう。

 

あなたはこの金額に満足できていますか?実際に求人を見ていただけると分かると思いますが、今よりもっと給料をもらえる仕事が存在する可能性は高いです。

 

人間って不思議なもので、その環境になれてしまうと、自分なんてこんなもん、自分の実力はこの程度だろうと、低く見てしまうものです。

 

これまでのあなたが培ってきたスキルや経験・経歴を踏まえて今一度、あなたに相応しい年収とはいくらなのか?というのを調べてみても良いと思いますよ。

 

僕も実際に自分の適正年収ってどれくらいなんだろうと疑問を持ったことがあり、調べた事があります。

 

【MIIDASガイド】転職時に活用した年収診断がヤバすぎたので徹底レビュー こちらの記事で実際に試してみた結果は詳しく書いていますので興味がある方は見てみてください。

 

当然、試すのは無料でできますし、最初に登録が必要なんですが3分ほどで終わりますので、自分の適正年収を知りたい方は是非、試してみて下さい。

 

自分の適正年収を見てみると、思いのほか良かった人も多いのではないでしょうか?この数字がどこまで信用できるかはさておき、余りにも現在の年収と掛け離れている場合は転職も視野に入れた方が良いかもしれませんね。

 

無理して今の会社に残っても、あなたと肌が合わなければ仕事ができない奴というレッテルを張られたまま嫌々過ごすことになるか、もしくは仕事のできない、嫌なことは全部押し付けてくる無能だらけの中で人生を浪費することに繋がりかねません。

 

この辺りは、リクナビが運営する有名な自己診断ツールがありますので、一度やってみることをおすすめします。

 

例に漏れず、僕も実際に、【グッドポイント診断】就職・転職の面接をイージーモードにしよう! の記事を書いたときにやってみたんですが(この時は転職活動中でした)、就職や転職以外でもやったことない人には非常におすすめです。

 

というのも、詳しくは上記記事を読んでいたけると分かると思いますが、客観的に第三者からの視点で自分を分析って中々できる機会って少ないんですよね。

 

しかも簡易的なものではなく、ガッツリ詳しく診断してくれるので、現状、なんで仕事が上手くいかないんだろう・・・なんでこの上司はこんなにクソなんだろう・・・と自己嫌悪に陥っている人は一度やってみると新しい発見がありますよ。

 

もし、少しでも転職を考えられているのであれば、そのまま自己PRにも使えますし、現状を変えるヒントになることは間違いないですよ。

 

ミーダスの適正年収もリクナビの自己診断ツールもどちらも無料で診断することが出来るので、自分の何かを変えたい!と少しでも考えているのであれば、時間も大してかからないので、やってみましょう。

 

僕自身もどちらも試したので言えることですが、自分を理解することは自信が出ることに直結します。

 

この記事を読んでくださっているという事は、あなたが勤めている会社の上司や先輩、もしくは部下が仕事ができないから悩んでいる、もしくはあなた自身が「なんでいつまでたっても仕事ができないんだろう」と悩んでいる方だと思います。

 

そういった悩みは自分ひとりで解決できることもあれば、別のツールを使う事で簡単に解決することだってあります。

 

人を変えるのではなく、自分が変わるという選択肢だってあります。ですので、まずは自分が行動することから始めてみてはいかがでしょうか(^^) 

仕事ができないやつに共通する考えまとめ

冒頭でも書きましたが、会社に属している以上1人で働いている訳ではないです。

完全孤立のゴリゴリの実力・結果主義の会社でなければ案件により大抵チームに分かれたり作業も分担されていますよね?

仕事が出来ない奴っていうのはいわゆるこの輪を乱す人の事なのです。

 

良くいえば、個性的な人なのかも知れませんが、そんな訳のわからない個性は集団生活の中ではいらないですよね。

 

自分の考えを貫き通し、「絶対こうなんだ!だから俺に合わせろ!」という考えなのであればご自身で会社をしたらいかがでしょうか。

おそらく、そういったタイプの人は独立の方が向いてるのでは?と感じます。

それが成功するかどうかは別ですけども。

 

大抵、職場に1人か2人は、こんな人がいるものなので、そうならない為にもよく考えて行動して下さい。

 

裏を返せば、ここまでに書いてきた事の逆の行動を取れている人は周りから信頼されているのではないでしょうか。

 

仕事はできないよりも、できた方がいいですし、信頼されないよりも信頼されていた方が良いですよね。

 

 

あなたにおすすめの記事

【退職時】有給休暇の買い取りについて【違法?】

【転職活動】第一希望の会社を秒殺されたのが結果的に良かった話 

連休明けに会社を辞めたくなる、死にたくなる人が増えるのは何故なのだろうか 

笑顔で社畜自慢をしてくる友人の目が完全に死んでいた件