読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒロローグ

仕事や転職&ファッション

東京で働きたい人必見!仕事と住まいを同時に探してくれる裏技を伝授します!

スポンサーリンク

東京は刺激に満ちた楽しい街

 f:id:hiroyuxxx:20170211042620j:image

地方に住んでいる方にとって、東京って一度は住んでみたい都市の一つではないでしょうか?やかましいから嫌だという方も勿論いるでしょう。しかし、それはあくまであなたの先入観が生んだイメージで、実際は住む場所によっては静かで過ごしやすいところも多く存在します。

 

渋谷や原宿、新宿辺りだと、人も多いしビルだらけだし疲れてしまう。。。そんな気持ちも分かります。しかし、東京で一発あてたい!有名人と会いたい!と考えているならば、絶対にいくべきです。

 

日本の流行のスタート地点であり、ファッションやアニメを堪能するならば何がなんでも東京に行くべくなんです!

 

というのも、僕も10年くらい東京に住んでいましたが、仕事の兼ね合いで地方に移ることになり、今は東京に住めていません。今でも虎視眈々と東京に戻るべく作戦を立てているわけですが、なぜ東京に戻りたいのかと言われれば答えは簡単です。

 

楽しいからです!!

 

本当にこの一言に尽きます。街を歩けばモデルや芸能時にもちょくちょく遭遇できますし(ミーハー)、人脈が広がりやすいのも特徴で、東京に住んでいた10年で本当にたくさんの良い出会いがありました。

 

ちなみに初芸能人は、渋谷のLABIの前で「はよ信号渡らな赤になんで!」と、東京なのに関西弁だと?!と振り返ったところ、山ちゃん(山崎邦正)がファミリーで買い物をしていました。

 

今でもプライベートはもちろんですが、仕事でも付き合いのある方もいます。それだけでなく、僕が住んでいるような地方と違い、東京はどこに行っても観光地です!僕は引っ越した当初なんかは毎週、観光を兼ねて遊びまくっていました。

 

買い物に行くなら新宿、原宿あたりに行けばルミネやラフォーレもあり、ファッション関係は困ることはありません。古着探しなら高円寺もオススメですし、家電なら池袋、オタクの方は秋葉原にいけば良いです。

 

電車での距離も遠くないですし、一日で色んなところを回ることができる最高の街だと言えます。ちょっと大人の雰囲気って言うのであれば、六本木のクラブ、はっちゃけたいのであれば新宿の歌舞伎町も最高です。何回行ったか覚えていないくらい行きました。

 

なんかこんな事を書いているだけで、東京に戻りたい願望が120%上昇してきましたが、仕事があるので仕方がない・・・

 

いつか舞い戻る日を信じて日々精進します(涙)

楽しいだけじゃない東京!

f:id:hiroyuxxx:20170211041623j:image

しかし、僕が東京にいたのは20歳くらいからです。最初から東京で働きたいと思っていたので、学校を卒業後、就職はせずにひたすらバイトとスロット(てへペロ)でお金を貯めていました。

 

当時の僕は、早く東京に行きたいという思いが強すぎて、朝から晩までバイトして、休みの日も朝から晩までスロットしていました。その努力の甲斐もあり、半年ほどで130万円くらい貯めることに成功します。

 

今考えると、お金を貯める方法にスロットをチョイスする辺り若さを感じますが、当時の台はきちんと理解して戦略を立てて、その戦略に忠実に動いていればはっきり言って負ける方が難しいんじゃね?状態だったので美味しくいただいてました。

 

話を戻しまして、その130万円を元手に速攻で上京を果たしました。当時の僕は考えが甘く、130万円もあればしばらく余裕でしょ!なんて思っていたのですが、引越し費用でごっそり持っていかれ、職探しもしなくてはならなかったので交通費でも地味にダメージを受けていました。

 

東京は物価も高く、これだけ家賃払ってこのレベルの家ですか?という所ばかりでした。(当時の僕は有名どころに住みたかったので吉祥寺や下北などより一層高いところでばかり探していました)今ならもっと賢く家探しをできたのでしょうが、土地勘もなければ、東京に知り合いもいなかったので、欲望のまま探しました。

 

で、結局、土地勘もないままに探し回ったので、家探しにも時間を結構取られた挙句、高い家賃の割に1Kのクソ狭い家に住むハメになったのです。さらに毎月毎月、家賃などの固定費に持っていかれる割合が大きく、あっという間に130万円は空っぽになってしまいました。

 

俺にもっとお金があれば・・と何度も思いましたが、ないものは仕方がありません。仕事もすぐに決まるかと思いきや、中々思うように進まず。ここでもタイムロスをしてしまい130万円を切り崩す形になったのも僕の敗因の一つだと言えます。

住む場所と仕事さえスムーズに決めることが重要

僕の失敗談から上京するにあたって必要なものはたった2つです。それは住む場所と仕事をいかにスムーズに決める事ができるか?です。

 

時間をかけても良いのであれば、まずは仕事を探してからになりますが、住所は(東京)になる訳なので、面接の度に東京まで出ていたら交通費だけで130万円が吹っ飛ぶ可能性があります。

 

で、仕事が決まってから家探しとなると、一発で決まれば最高ですが、不動産を何件も見て回っていると、とてもじゃないですが一日では無理です。家探しの為に地元と東京を往復していたのでは、これまた交通費で結構なダメージを受けることになります。

 

ここから分かるように、理想は仕事と住むところを同時に見つけることが一番お金を減らさずに済む方法だということが分かるはずです。けど、そんな運よくどっちも決めるなんて難しすぎるでしょ!と思いましたね?それが、画期的なサービスがあるのですよ。

その名もTokyoDive(トウキョウダイブ)

TokyoDiveって聞きなれないという聞いた事ない方がほとんどだと思います。それもそのはず、東京へ上京する人の為のサポートをしている、いわばエージェントのようなものです。

 

つまり、上京したい!って考えてる方は知ってる人が多いかもしれませんが、まだまだ知られていないのが実情です。このブログを読んでいるという事は、東京に今すぐ住みたい!!という方だと思うので、そんなあなたにはぴったりのサービスだと思いますよ。

 

ではこのTokyoDiveですが、一体どんなサービスを行っているのか順に詳しく解説して行きたいと思います。説明不要な方は下記リンクから公式HPをご覧ください。

TokyoDiveではどんなサービスを行っているの?

株式会社アプリが運営する、いわゆる転職エージェントの「住まい付き」だと考えてくれると分かりやすいかと思います。メインは求人の紹介なんですが、地方から上京してくるには、僕もそうであったように結構な金額が掛かってしまいます。

 

ですので、「求人案件」+「住まい」を同時に提供することで、上京してくる人の不安を少しでも取り除こうという神がかったサービスということです。

 

TokyoDiveを運営する株式会社アプリは厚生労働省から人材派遣業と有料職業紹介事業の認可を受けている企業です。つまり信頼性や安全性は抜群です。まだ本気で状況を考えていなくても、無料ですし相談だけでもしてみると良いかと思いますよ。

TokyoDive:サポート内容

地方からの上京など、東京で新生活を始める方に、住まいと仕事を同時に提供しています。求職や住居探しの、手間になる部分をTokyoDiveがおこなってくれ、東京での新生活をスムーズにしてくれます。

 

東京に憧れがあるが、その一歩を踏み出せない方にも万全のサポートをしてくれるので、安心して新生活をスタートできます。

 

ざっくり言うとこんな感じです。当時にこのサービスがあれば活用していたこと間違いなしのレベル・・・知っていたら130万円をもっと有意義に使えたというのに。。。では、ここからもっと掘り下げて説明していきますね。まず誰もがこのサービスを受けられるわけではありません。

 

なんと年齢制限があります。といってもこれから東京に上京を考えているあなたはおそらくクリアできていると思います。

 

20歳~32歳!どうでしょうか?クリアできましたでしょうか?ちなみに条件ってこれだけです。めっちゃちょろいですね。なんで年齢制限があるのかというと、それは求人が絡んでくるからですね。

 

やはり若すぎたり、歳をとり過ぎていると、今のご時世は職探しが厳しくなるのです。とはいえ年齢層の幅はひろいですし、東京に行きたい!と思う年代と合致してるのでここは大抵の人はクリアできるでしょう。ここをクリアできたら後は存分にサービスを受けて東京に行く準備をすすめるだけです。

おすすめポイント:住居編

単純に職探しと住まい探しをしてくれるだけでも、余計な手間がかからず、僕の様に無駄な交通費を支払わなくて済んでラッキーなんですが、ここでTokyoDiveはとんでもなく太っ腹なサービスをしてくれます。

 

通常の引越しであれば、「敷金・礼金・仲介手数料」が掛かってくるんですが、TokyoDibe経由だと、なんと全て無料になります(笑)まともなところに住もうと思うと大体、敷金・礼金ともに家賃の2か月分くらいはもっていかれ、仲介手数料も家賃の一か月分というところがほとんどです。

 

例えばですが、家賃が7万円とすると、敷金で14万円、礼金で14万円、仲介手数料で7万と、計35万円の出費になりますが、なんとこれらが全て無料になります。これだけお金が浮けば、新しいPCや、でっかいテレビとPS4も買えてしまいますよ!

 

更には、家具・家電もついてくるという、これから一人で上京するにあたって、暮らしに必要なアイテムは大方ついてくるというサービスっぷり。それだけでなく、家賃補助が出るケースまであるそうです。マジで恐ろしいサービスっぷりです。

 

これは僕も上京して学んだことですが、「住まい」に関しては想像以上に時間も取られますし、当然ながらお金も掛かります。いったん、上京して仕事が安定してくればもっと欲張った家に住んで良いと思いますが、何より最初が肝心です。せっかくここまでしてくれるサービスがあるのですから上京を本気で考えているのであれば、ガチで利用しない手はないですよ!

おすすめポイント:求人編

専門の採用コーディネーターが登録時からお仕事決定まであなたをしっかりとフォローしてくれます。お仕事決定後も、TokyoDiveの営業スタッフが就業中継続的にフォローをしてくれます。仕事を変えたいときも新たな機会をご提供してくれます。

 

さらに、あなたの働き方に合わせて、契約社員・正社員と働き方を選ぶことも可能です。取り扱いの求人も幅広く、TokyoDiveでは雇用形態に限らず、職種についてもたくさん用意されています。

 

たとえば、一般事務・アパレル・家電量販店・接客・営業・ホテルサービス・フードサービス・コールセンター・軽作業・美容関係・その他接客サービスなどジャンルもいろいろです。

 

自分ならではの強みを伸ばしたい!経験はないけど前からやってみたかった!仕事に対する思いも人それぞれです。せっかく東京に上京するのですから、わざわざ東京にまで行ってやりたくない仕事をやる必要性はないと思います。

 

ここまで徹底的にサポートしてくれるんですから、自分の夢や目標に最短距離でいけるようにしっかり自己ブランディングして突き進んでいきましょ!僕が東京に上京した時はこんな神がかったサービスは存在していなかったので悔やまれるところではありますが、上京すると決めてから実際に行動に移るのは誰にも負けないくらい早かったです。

 

僕はそれだけ東京に住みたかったですし、東京で働きたいという熱意がありました。いつか住めたらいいなぁ、いつか働けたらいいなぁレベルなのであればおそらく一生住むことも働くこともないと思います。

 

なぜ東京に行きたいのか、なぜ東京で暮らしたいのか、それらの答えはあなたの中にあるはずです。後は、実際に行動に移していくだけですよ。僕は上京して後悔は一度たりともしませんでした。それは何よりも東京がめちゃくちゃ楽しいところだったからです。まずは夢の東京に向け行動あるのみです!仕事はエージェントさんが見つけてきてくれます!

東京で仕事と住まいを同時に探してくれる裏技:まとめ

f:id:hiroyuxxx:20170211041645j:image

こんなサービスが僕が東京に上京するときにあったら確実に利用してます。このサービスがあれば、頑張ってバイトとスロットで貯めた130万円をもっと有意義に使えたことは間違いないです。

 

僕は、仕事も自力で探しましたし、家探しも自力でした

 

しかし、それらを同時に叶えてくれるこのサービスは東京に憧れを持つ者にとっての救世主じゃないでしょうか。僕もお金を貯めるために、半年もの時間を使いましたが、このサービスがあれば、初期費用にそんなにお金を貯めなくてもOKなのがうれしい。とりあえず初給料が振り込まれるまでの2か月くらい食べていける分があれば良いわけですから。

 

仕事はエージェントが一緒にあなたのスキルや経験、やりたいことに合わせて探してくれますし、住むところに関しては敷金・礼金・仲介手数料なしで住めるだけでなく、家具までついています。

 

すごすぎる(ガクブル)

 

僕もそうだった様に、東京に憧れているのは20代前半の方が多いと思います。僕はいまでこそ、30歳を超えてしまってるので言えますが、東京に住みたいのであれば、若いうちに行っておいた方が間違いなく良いということだけは、アドバイスしておきます。

 

友人との繋がりももちろん大事ですが、なにより情報が早い!仕事の繋がりも地方に比べると抜群に強いです。もしかすると、今後のあなたの人生を左右する出会いがあるかもしれません。東京に行かなかったら凡人で終わったところを、東京に行ったらお金持ちになっている未来もある訳です。

 

とりあえず、グダグダ悩んでいる暇があるならば、一回東京に数年でも住んでみて下さい。仕事も住むところも用意してくれるんですから。絶対に後悔しないレベルに楽しいので、思い切り仕事も遊びも楽しんでください!

僕も絶対にまた東京にカムバックしますよ!

 

 

あなたにおすすめの記事

ニートからの脱出!東京でニートから就職するのは意外と簡単だった!